テニスのルール

スポーツルール説明

テニスは世界的に人気のあるスポーツです。

皆さんも一度はプレイしたことはあるでしょう。

五輪も控えた今、ルールを詳しく覚えると観戦もより楽しめること間違いなしです!

テニスの用語や賭け方についてはこちら

メイウェザー監修オンラインカジノSPORTS BETが楽しめるBetrnk

テニスのルール

テニスのルールとは

全く知らないという方、知っている方も復習の意味でルールの基礎からおさらいしてみましょう!

テニスとは・・・

ノーバウンドワンバウンドでボールを、相手コートに打ち返すスポーツです。

サービスつまりサーブ2本のどちらか1本がサービスエリアに入ればゲームが始まります。

相手のサービスが決まらない場合やアウト、球を返球できない場合に得点になります。

4ポイント先取か、デュース(40-40)の場合は2点連続で取った方がそのゲームを取ります。

最初のサービスはセンターマークからサイドラインまでの右よりで行い、

1ポイントずつ左右交互で進行します。

試合の種類

テニスはシングルスダブルスの二種類で試合が行われます。

その名の通り、シングルスは1人対1人、ダブルスは2人対2人です。

 

Betrnkでは豊富なスポーツベットが可能!

点数の数え方

テニスの点数の数え方は独特ですので、是非覚えていただくととより試合が理解できるかと思います。

0ポイント

0(ラブ)

1ポイント

15(フィフティーン)

2ポイント

30(サーティ)

3ポイント

40(フォーティ)

4ポイント

GAME(ゲーム)

※スコアなどで40-Aと表示されるときのAはアドバンテージのことです。

アドバンテージはデュースの状態から1点リードしている状態のことを指します。

テニスの試合は、

『ポイント』→『ゲーム』→『セット』→『マッチ』の順で進んでいきます。

4ポイントのGAMEで1ゲームです。

そして、6ゲーム取ると1セットになります。

しかしセットを取るためには、2ゲーム以上の差をつけなければいけないため、6-6の場合、タイブレークになります。

タイブレークになった場合、7ポイント取ったほうがそのセットを取ります。

1セットマッチなら1セット、3セットマッチなら2セット、5セットマッチなら3セット奪取で勝利となります。

 

テニスコート試合会場

テニスは、試合や大会によって何セットマッチかというのは異なります。

通常の国際試合では、3セットマッチが採用されています。なお、グランドスラムの男子シングルスなどは5セットマッチで行われています。


Betrnkのスポーツベットで一攫千金!

タイトルとURLをコピーしました