豪華選手が東京ドームに集結!「RIZIN28」見所は?

glove スポーツを楽しむ
この記事は約7分で読めます。

格闘技の祭典とも言われる「RIZIN(ライジン)28」 が6月13日(日)に東京ドームにて開催することが決まりましたね!
今回も人気のあの選手から驚きの選手まで大集結!!豪華な顔ぶれにファンを始め格闘技界が今か今かと待ちわびているのではないでしょうか?

今回はそんなRIZIN28の見所をキックボクシングを趣味としている私がお伝えしちゃいます。
この記事を読めばRIZIN28がもっと楽しく見れること間違いなし♪観戦前に是非チェックしましょう!

この記事を書いた人

都内在住
オンカジ歴1年半のアラサーひよっこプレイヤー。友人に勧められて以降、爆ハマり中
趣味はDJとキックボクシングとドライブ

YUKIをフォローする

6/13 東京ドームにてRIZIN28開催!

今回漢達が熱き戦いを繰り広げる舞台となるのは水道橋駅にある東京ドーム。
総合格闘技のイベントが東京ドームで行われるのは、なんと約18年ぶり!

1997年10月、RIZINの前身・PRIDE(プライド)の旗揚げ大会の行われた会場が東京ドームで、その6年後の2003年11月に開催された「PRIDE GRANDPRIX 2003 決勝戦」が最後のイベントだったこともあり、思い出のある地での開催に興奮を隠せない格闘技ファンが多いとのこと。

私も、今回東京ドームでの開催されることを知ったとき、「マジか!!」ってなりました(笑)

出典:RIZIN公式YouTube

さらに、RIZINバンタム級トーナメントが開幕され、今回は注目の1回戦が行われる他、今までにない企画も行われるので、いつものRIZINと比べ、見所が多いのは間違いないのですが、ここで気になるのがやはり、出場選手ですよね。

結論から言うと、「やばい」の一言。
今回出場する選手達が豪華すぎました・・・。

会場を沸かせる漢達が大集結

今回出場する選手や行われる階級の試合は下記のようになっています。
(試合順 全てRIZIN MMAルール)

RIZIN28対戦カード出典:RIZIN

スペシャルワンマッチ 5分 3R (肘あり)

  1. 弥益ドミネーター聡志 vs “ブラックパンサー”ベイノア
    (73.0kg)
  2. シビサイ頌真 vs スダリオ剛
    (120.0kg)
  3. 斎藤裕 vs ヴガール・ケラモフ
    (66.0kg)

バンタム級トーナメント 5分 3R(61.0kg)

  1. 元谷友貴 vs 岡田遼
  2. 扇久保博正 vs 春日井“寒天”たけし
  3. 石渡伸太郎 vs 井上直樹
  4. 朝倉海 vs 渡部修斗

ライト級タイトルマッチ 5分 3R(71.0kg)

トフィック・ムサエフ vs ホベルト・サトシ・ソウザ

那須川天心 vs 3人スペシャルマッチ

那須川天心 vs 大﨑孔稀、HIROYA、???(当日発表)

スペシャルワンマッチ 5分 3R (肘あり)

朝倉未来 vs クレベル・コイケ
(66.0kg)


今回MMA初参戦の“ブラックパンサー”ベイノアとRIZIN2戦目の弥益ドミネーター聡志の試合で幕開けし、それに続くようにRIZIN3戦3勝中と波に乗っているスダリオ剛と強靭な破壊力と瞬発力を兼ね備えているシビサイ頌真が拳を合わせます。

第3試合目で早くも王者降臨!
昨年11月に朝倉未来と行われたタイトルマッチで見事王座を獲得したフェザー級王者・斎藤裕とヴガール・ケラモフの注目の一戦が行われ、その後はRIZINバンタム級グランプリトーナメント1回戦、ライト級タイトルマッチ、そして来年にボクシングに転向する那須川天心と3人の対戦相手によるスペシャルマッチと豪華な試合が次々と行われます。

そして、最終試合は朝倉未来とクレベル・コイケの一騎打ち!
“路上の伝説”で知られる朝倉兄弟の兄、未来は今回欧州の総合格闘技団体「KSW」の元フェザー級王者で27勝のうち1本勝ちが23という驚きの戦歴を持つクレベル・コイケと対戦することが決まり、トリを飾るにはもってこいの組み合わせなのではないでしょうか。

注目すべき試合はこれ!!

どの対戦カードも非常に豪華ですが、中でも私が注目すべき試合としているのが2つ。
それがこちら!

トフィック・ムサエフVSホベルト・サトシ・ソウザのライト級タイトルマッチ

この組み合わせに興奮を隠せないファンも多いのではないでしょうか?

ライト級スペシャルマッチ出典:RIZIN

トフィック・ムサエフは2013年5月に行われたAzerbaijan MMA Federationでプロデビュー。その試合でメインイベントに抜擢されると、1Rに鮮やかなヒールホールドを極め、デビュー戦から勝利で飾ったあとは勝ち負けを繰り返していましたが、ムサエフ自身が得意としていたパンチを主体にしたファイトスタイルに練磨すると瞬く間にその才能が輝き出します。

2018年大晦日でRIZIN初参戦。修斗で活躍する大尊伸光と対戦すると、強烈なパウンドを振り下ろし、2R TKOで初勝利を納めると、勢いを増し、2019年大晦日に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント』ではジョニー・ケースを1Rグラウンドパンチで下し、同決勝戦でBellatorからパトリッキー・“ピットブル”・フレイレと対戦。3-0で判定勝利し、見事ライト級GPトーナメント優勝を果たすなど、王者の風格を漂わせています。


ホベルト・サトシ・ソウザは、ボンサイ柔術の創始者を父に持ち、幼い頃から柔術を叩きこまれ、ブラジリアン柔術世界選手権などと数々の大会で優勝し、輝かしい実績を残した後、2019年にRIZINへ参戦。

同年10月に開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント』へ参戦し、1回戦で元UFCファイターのジョニー・ケースと熱い攻防を食い広げるが、顔面にスタンドパンチをもらい、タップアウトで敗戦しまうが、翌年20年8月のRIZIN.22では再びRIZINのリングに立つと、対戦相手である矢地祐介に強烈なパウンドを連打し、勝利。
最近では21年3月に開催されたRIZIN.27では徳留一樹から三角絞めで1R一本勝ちを収めるなど“柔術界の至宝”の名のふさわしい実力者。

ライト級のベルトを賭けた2人対戦。勝利の女神はどちらに微笑むのか?!

ボクシング転向を控える那須川天心の3人スペシャルマッチ

那須川VS 3人スペシャルマッチ出典:RIZIN

他の選手の対戦カードが決まっていく中、39戦無敗の神童・那須川天心だけがなかなか対戦相手が決まらず、6月2日(水)から対戦相手を募集。
約500名の応募の中から3名の対戦相手が決まり、6月8日(火)夜19時のRIZIN公式YouTube生配信で発表されました。

今回は特別ルールで行われ、那須川と対戦相手、両者のキックを封印し、ボクシングに準じたルールで行われます。
ただ、バックブローは有り、またボクシングシューズの着用は自由となっています。※1人目あるいは2人目が那須川をKOした場合、その時点で試合終了。
※バックハンドブロー、スーパーマンパンチ OK

まず1人目に戦うのはBOMバンタム級王者の大﨑孔稀
キックボクサーとして活躍しており、現在までに30戦24勝という好戦績。キックボクサー同士なので、両者の華麗な足技が見られる!と思いましたが、今回のルールではキックがNGなので、どのような試合になるのか検討つかず・・・これは気になりますね。

2人目は、昨年大晦日にシバターの対戦相手「X」として登場したHIROYA
HIROYAと那須川の体重差は、13kgあることから、HIROYAが10oz(約283g)、那須川が8oz(約227g)のグローブハンデを付けての試合となりますが、それでも体重差は大きい・・・。この試合どうなるのか、見ものです!

そして残る1人は「ミスターX」これは6月13日のRIZIN28当日に発表されるとのこと!
個人的には武尊かな?と思ったのですが、怪我をしているので、可能性は低い・・・となると誰なんだろう。
3人目のファイターについて、既にファンの間では様々な憶測が広がっていますが、今のところ匂わす選手は現れず・・・。
大会当日の「ミスターX」に期待が膨らみます♪

見所盛りだくさんな今回のRIZIN28。選手のアツい戦いをその目に焼きつけましょう!

RIZIN28詳細

RIZIN28東京ドーム出典:RIZIN

Yogibo presents RIZIN.28
日時:2021年6月13日(日)13:30開場 / 15:30開始

(テレビでの放送は20:00〜21:54 一部生放送)
会場:東京ドーム

スポーツベットバナー

タイトルとURLをコピーしました