必見!オンラインカジノに税金はかかる?確定申告は必要?

オンラインカジノの税金
この記事は約3分で読めます。

外出自粛を求められる昨今で、注目を浴びているのが「オンラインカジノ」。
24時間どこからでもプレイでき、楽しみながら稼げることから副業としてはじめる方も増えています。

そんな人気上昇中のオンラインカジノですが、今からはじめたいという方に注意してほしいのが「税金」についてです。

オンラインカジノを楽しむためには必須の知識ですので、是非この記事を読んで覚えていってください!

オンラインカジノの利益は課税対象

オンラインカジノで儲けた利益は日本の法律において「一時所得」という扱いになります。

この一時所得には法律上、税金が課せられています。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

引用:国税庁HP

一時所得の例

一時所得には競馬や競輪等の払戻金、福引き・懸賞の賞金品などがあり、オンラインカジノでの利益も該当します。

競馬や競輪に税金がかかることを知らない方、意外と多いのではないでしょうか?
競馬や競輪などの現金で勝利金を受け取る場合、税務署側がお金の流れを把握しづらいため大目に見られているという事情があります。

しかし、オンラインカジノでは銀行振込などの記録の残る出金方法が一般的ですので、きちんと把握しておかないと後に脱税が発覚して追徴なんてことも・・・
そうならないためには、注意が必要です。

必ずしも税金がかかるわけではない

さきほど「オンラインカジノの利益は課税対象」といいましたが、実は必ず税金がかかるわけではないんです。
一時所得には50万円の特別控除があります。そのため、損失を含まない(詳細は後述)年間の利益が50万円を下回った場合には一時所得は0円という扱いになるので税金はかかりません。

50万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。

Betrnkでライブカジノ体験

課税対象額の計算方法

勝利金の合計額である収入額から支出金額(ベットした金額)と特別控除額50万円を差し引いた金額が一時所得の合計額となります。
なお、課税対象となるのは、一時所得の合計額を2分の1とした金額ですので覚えておきましょう!

課税対象の計算方法

例として収入額100万、支出額30万を式にあてはめてみると、
100万-30万-50万=20万となり、この20万を2分の1にした10万円が課税対象の一時所得となります。

課税対象の一時所得が発生した場合は、毎年2月16日3月15日の期間に確定申告を行います。
会社からの給与所得や事業所得などすべての所得と一時所得を合算して、税額を計算しましょう。

注意!損失は考慮されない

上記の計算をする時に注意しなければいけないのが、損失時は計算に含まれないということです!
オンラインカジノでの税金は、利益が出た場合のみ発生するためです。

ですので、収支の合計が50万円以下だったとしても、課税対象となる場合があります。

例えば、昨日100万円の利益を出し、今日50万円の損失を出したとします。
この場合トータル収支は50万円ですが、一時所得の計算上では利益100万円となるため課税対象となります。

やっかいなポイントではありますが、とても重要ですので覚えておきましょう!

メイウェザー公認オンラインカジノBetrnk

収支表を作って管理しよう

オンラインカジノをプレイする際にはエクセルやクラウドサービスなどを利用して、収支表を作ることをおすすめします。

収支表を作るメリット

・損益計算を簡単に行うことができる
・支出管理を一目で把握できる
・支払調書として提出できる

損益の話ももちろんですが、支出管理を把握できるので資金の使いすぎ防止にも役立ちます。
また、支払調書としても利用することができるため、確定申告時に慌てずに済むメリットも。

日頃から気を付けておくことで、心置きなく楽しいカジノライフをおくることができます!

まとめ

いかがだったでしょうか。

オンラインカジノを楽しむためには、税金の知識は必須です。
きちんと理解して、楽しく遊びましょう!

メイウェザー公認!Betrnkが日本上陸

タイトルとURLをコピーしました