武藤敬司、58歳でNOAHに電撃入団!

Noahロゴ スポーツを楽しむ

プロレス業界のレジェンドとも呼ばれ、お茶の間を楽しませている武藤敬司さんですが、58歳と言う年齢で衝撃的な発表をしました!

今回はこちらについての詳細と、武藤敬司さんのこれまでの活動についてお伝えしようと思います。
武藤敬司さんファンはもちろん、よく知らない方もぜひ最後まで読んで下さいね♪

王者メイウェザー公認!オンラインカジノBetrnk

2月15日、午後3時より都内・AbemaTowers 10Fセミナールームにて株式会社CyberFightが会見を開き、同日付けでプロレスリング・NOAHに入団することを発表しました。

そんな武藤敬司さんですが、これまでどのようなファイトを魅せてきたのか、お伝えしようと思います。

武藤敬司さんプロフィール

武藤敬司武藤敬司さん
出典:(spread-sports)

武藤 敬司(本名)
【リングネーム】
武藤 敬司
グレート・ムタ
黒師無双
THE APEMAN PLATINUM

スーパー・ブラック・ニンジャ
ホワイト・ニンジャ
ザ・ニンジャ

【ニックネーム】
プロレスリング・マスター
ナチュラル・ボーン・マスター
スペース・ローン・ウルフ

身長 188cm
体重 110kg
誕生日 1962年12月23日58歳(2021年2月現在)
出身地 山梨県富士吉田市
デビュー 1984年10月5日

武藤敬司さんは1984年に新日本プロレスでデビュー。
関節技や締め技、打撃技IWGPヘビー級王座を4回獲得する他、全日本プロレスでは三冠ヘビー級王座を3回獲得。

2002年より在籍していた全日本プロレスでは社長を務め、2013年には新団体WRESTLE-1を立ち上げ。そして、同団体が活動休止となった昨年よりフリーとしてNOAHに参戦し、2月12日に行われた日本武道館大会では潮崎豪を破りGHCヘビー級王座初戴冠を果たしています。
新日本プロレスのIWGPヘビー級、全日本プロレスの三冠ヘビー級と合わせた3大タイトル制覇は佐々木健介、高山善廣に次ぐ3人目となっています。

武藤敬司さん
3大タイトル制覇を果たした武藤敬司さん
出典:BBM sport

プロレスラーとしての実力は勿論ですが、
両手で狐のような形を作り、投げキッスをしながら腕を広げ「イャーーッ」の声を発する別名「プロレスLOVEポーズ」と口の中に色付きの液体を含んで、霧状にして相手の顔面に吹き付ける「毒霧」など、パフォーマンス面でもファンを虜にしています。

ポーズをする武藤敬司さん

プロレスLOVEポーズをする武藤敬司さん
出典:sponichi

更に、プロレスをやる傍ら、俳優やタレント業、映画の仕事も多くこなしているレスラーとしても知られており、プロレスラーの中でもかなりの人気・知名度を得ていますが、前もって渡された台本を全く覚えてこないため、撮影現場ではNGを連発するという少しお茶目一面も持っています。

そんなマルチな才能を持つ武藤敬司さんですが、昨年3月末に団体活動休止に伴ってWRESTLE-1を退団し、翌4月からフリーとしてNOAHに参戦していましたが、今回の衝撃の入団発表に業界やファンは驚きの声が上がっています。

名ゼリフ、再び

契約期間は2年間となっており、会見で
「このコロナ禍の中でプロレス界も非常に大変な中、こうやってNOAHと契約できたことを非常に嬉しく感じております。未来のことはわからないけど、もしかしたらこのリングで朽ちていくのかわからないけど、契約したからにはこの団体に俺の骨の髄までしゃぶってもらいたいと思っております」
と自身が全日本プロレス入団時に残した名ゼリフを交え、心の内を語っていました。

CyberFightの高木三四郎CEOは、
「プロレス界の宝とも言える方がサイバーファイトグループに加わることで、これからプロレス界のナンバーワンを目指していく原動力になると思います」
と期待の声を寄せていました。

これまで多くのタイトルを獲得し、58歳という年齢でも現役で戦い続ける武藤敬司さんにこれから目が離せませんね!

Betrnkではスマホで簡単にベットできる!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました