那須川天心 来年新たな挑戦へ!

あの選手がボクシングに転向 スポーツを楽しむ

今月10日、キックボクシング界に衝撃が走りました!!
なんと、キックボクシング・RISE世界フェザー級王者の那須川天心選手が来年2022年3月をもってキックボクシングを引退するとのこと!

「神童」、「キックボクシング史上最高の天才」などと称され、波に乗っている彼ですが、何故このような決断をしたのか。
今回は彼のこれまで輝かしい戦歴から引退を決断を下した背景、そして今後のキャリアプランに迫ります。

スポーツベットバナー

敗けなし!キックボクシング界の絶対王者

無敗のキックボクサー那須川天心選手

出典:(那須川天心オフィシャルHP)

本名 那須川 天心(なすかわ てんしん)
通称 神童
階級 バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(総合格闘技)
身長 165cm
体重 58.5kg
国籍 日本
誕生日 1998年8月18日(22歳)
出身地 千葉県松戸市
スタイル 極真空手、キックボクシング、ボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 39
KO勝ち 28
敗け 0
引き分け 0
無効試合 0
引用:(ウィキペディア)
幼少期、今の姿からは考えられない程弱虫だった那須川に”礼儀をしっかり身につけさせるため”という父親の思いでわずか5歳で極真空手を始めさせ、そこから格闘技漬けの生活がスタート。
始めから積極的ではなかったそうで、稽古の途中で道場から逃げ出すこともあったそうですが、次第に本格的に打ち込むように。
高校では午前授業のみの4年制の高校に進学し、午後は格闘技に集中するという生活スタイルを送っていた結果、見事プロ入り。
 有松 朝 vs 那須川天心有松朝と対戦する那須川選手
出典:RISE公式チャンネル

プロデビュー戦では、RISEバンタム級7位の現役ランカーである有松朝と対戦。1R58秒という驚異的なスピードでKO勝ちを果たし、その後RISEで史上最年少16 歳でRISEのバンタム級王座を獲得。RIZINにも参戦し勝ち進んで行きます。そして、2018年の大晦日には元ボクシング5階級王者・フロイド・メイウェザーと激闘したことでテレビ業界でも人気を集め、お茶の間を賑わせている他、最近ではYouTubeも始めるなど、多方面で活躍している人気選手です。

そんな波に乗っている那須川選手ですが、今月10日に放送されたTBS系『炎の体育会TV』のエンディングにて、“来年2022年3月をもってキックボクシングを引退する”と発表。これには業界やファンを始め、多くの人に衝撃を与えました。

引退を決断した背景と今後

引退を決断した背景には、絶対王者としてのある思いが。

絶対王者 那須川天心キックを決める那須川選手
出典:number

最強のチャンピオンとして那須川選手は常に挑戦者を迎え撃つという立場に置かれていましたが、“常に挑戦していたい”という本人の思いからキックボクシングを引退。そして今後はボクシングの道へと突き進むことをを決断。

「キックの技術があるからこそ、ボクサー相手にも通用する部分があると思う。
転向へ向けてボクシングの練習を開始してからは、毎日刺激しかない。ボクシングにおいては1番下からのスタートだから、上にどれだけ強い選手がいるんだろうってわくわくする」

とコメント。
長きに渡り武器にしてきたキックボクシングに対しては、

「プロの格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです。しかし、まだ22歳。“無敗のチャンピオンとして挑まれる立場”のキックボクシングは一旦ここで卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました」

キックボクシングに対する気持ちと同時に、ボクシング転向への理由をコメント。

現在はボクサーデビューに向けて、キックボクシングの練習に加え、ボクシングに必須なパンチ技術を上げる練習を重点に置き、準備しているそう。
ここで気になるのがキックボクサーとしての残りの試合数。
来年2022年3月開催のRISEまでに行われる試合はわずか2~4試合。その後、同年中のボクサーデビューの予定となっているそうです。

キックボクサーとしての彼の活躍を見れるのは2~4試合とかなり少ないので那須川選手本人はもちろん、ファンにとってはかなり貴重な試合になるのではないでしょうか。

ボクシング選手の反応は

この報道は那須川選手の転向先のボクシング業界でも波紋が広がっており、多くのボクシング選手が反応しています。

京口紘人選手
京口紘人選手
出典:bbm-japan

プロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人選手もその1人で、今回の報道に関して

「彼のポテンシャル、築き上げてきたキャリアはすごい。そういう選手が進出してくるのは、ボクシングの価値は究極のところにあるのかなとも思う。階級的にも面白いと思うので、楽しみな思いは強いです」

と、那須川選手の今回の転向に対し、積極的なコメントで歓迎。
ボクシング界は今後更なる盛り上がるをみせてくれること間違いなしですね!

SNSではファンから激励の嵐

報道後、那須川選手は自身のInstagramでお馴染みのファイティングポーズの写真と共に、ファンに向けて改めて報告。


この投稿に対し「ボクシングでも頑張ってください」「ずっと応援しています」など激励のコメントが殺到。
Twitterでも一時トレンド入りするなど、多くの方に衝撃と感動、勇気を与えました。

 

弱冠22歳の那須川選手。
絶対王者から、挑戦者として、ボクシングという新たなフィールドで勝ち上がっていき、”神童”の名を残していく姿を見ていきたいですね。
那須川選手、応援しています!

スポーツベットバナー大

ボクシングについてはこちらをチェック!

タイトルとURLをコピーしました