IR・カジノ法案についてまるごと解説!

IRとカジノ法案について IRカジノ法案
この記事は約6分で読めます。

2016年12月、「IR推進法」が可決されました。これは別名「カジノ法案」とも呼ばれています。
ギャンブルが禁止されている日本という国にIRを設置するためのまず第一歩目がこのカジノ法案となりました。

ですがそもそも、「IR」ってどういう意味なのか、ご存知でしょうか?
聞いたことはあるけど何かよくわからない、あるいはさっぱりわからないという方もいるかもしれません。

今回はそんな「IR」そして「カジノ法案」について、一から丁寧にご説明していこうと思います!

Betrnkでライブカジノ体験

統合型リゾート(IR)について

IRは、英語で「Integrated Resort」の略称です。日本語に訳すと「統合型リゾート」となります。

国際会議場・展示施設であるMICE施設・ホテル・ショッピングモール・劇場・映画館・レストラン・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温泉などが詰め込まれた総合施設となっています。

つまり、統合型リゾートであるIRに含まれる施設のうちのひとつがカジノになります。

ラスベガスのカジノラスベガスのカジノ

ちなみにMICE(Meeting会議・研修/Incentive招待旅行/Conference国際会議/Exhibition展示会の略称)
とは、ビジネスに関わる様々なイベントを意味しています。よって「ビジネスイベント」と呼ばれることも。例えば幕張メッセや埼玉スーパーアリーナなどは日本のMICE施設にあたります。
MICEによって観光客が増え経済効果も見込めるので、MICE施設は統合型リゾートにとって核となる存在です。

IRのメリットとデメリット

メリット

マカオの街

・外国人観光客が増える・税収の増加
IR事業の目的の一つに、「外国人観光客の誘致」があります。IRは外国人観光客に向けた施設です。IRという新たな観光スポットにより観光収入、外国人による国内の消費などが増えることが見込めます。例えば、マカオではカジノ税の収入により教育や医療の無料化・国民への現金支給などを成し遂げ、IRによって国の財政を建て直すことができました。

・多くの雇用が生まれる
映画館や温泉施設、レストラン、ホテルなど多くの施設がIRに設置されることで働き口が莫大に増え、多くの雇用が生まれます。それにより経済効果の促進が期待できます。

・交通・インフラが整備される
外国人観光客が空港からIRに行くまでの交通やインフラが整備されることになります。地域のインフラが整うことで、IRだけでなく周辺にある他のスポットにも観光客が増える可能性があります。

デメリット

ポーカーゲーム

・ギャンブル依存症
カジノ法案を成立させる上で一番の懸念点となっているのが「ギャンブル依存症」に対する不安です。カジノが大々的に設立されることでギャンブル依存症にかかる日本人が増えるのでは、との声が上がっています。パチンコや競馬等とは違い、1秒で1000万円を無くすこともできるカジノ、依存した場合には全財産を失う可能性も考えられます。

・治安の悪化
カジノを設立した場合、反社会勢力との関わりが生まれるのではないかと懸念されています。金銭トラブルによる地域の治安の悪化、また国内外からマネーロンダリングの場とされてしまうのではという声も上がっています。そうならない為、いかに政府が対策を講じるのかが注目です。

・地元還元はあるのか
カジノで得た収益がどれほど地域に落ちるのか還元されるのかが懸念されています。IRの目的のひとつに地域活性化がありますが、カジノを目的に遊びにきた人々が飲食店・ホテル・ショッピングなど全て兼ね備えたIRからわざわざ外に出て観光をするのかといった懸念点があります。

カジノ法案とは?

日本にIRを実現するため、安倍政権が法律を作りました。
ここではそのうちの2つ、「IR推進法」と「IR実施法」の違いについて説明していきたいと思います。

IR推進法とは

まず、政府はIR設立の目的を以下のように述べています。

(目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

(※特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案より一部引用)

堅苦しい文章ですが、要するに「観光・地域経済の振興」と「財政の改善」が政府の目的です。
ラスベガスの空港
ラスベガスの国際空港
様々な施設が一箇所に集中されたIR(統合型リゾート)を作ることで、もっと日本に観光客を呼び寄せよう!」という目的のもと作られたのがIR推進法です。
IRに含まれているカジノについて正しく適切な処置をしていきましょう!」とカジノに対して今後作って行かなければならない必須の道標をIR推進法は立てています。
つまりIR推進法はIR設置に向けての大枠の方針を定める法案なのです。本当にこれで適切なのかどうか、より具体的に定められた法案が「IR実施法」や「ギャンブル等依存症対策基本法」になります。

IR実施法とは

IR実施法では以下の規則が定められました。

・入場料は1回6000円
・週の入場回数制限は3回
・月の入場回数制限は10回
・マイナンバーの提示

これは日本人に対してのみ有効としている規則で、外国人観光客には適用されません。
日本人のギャンブル依存症対策としてこれらの措置が設けられました。

外国人観光客はこれらの規則を守る必要はありませんが、マネーロンダリング防止のためパスポートの提示は必須となっています。

また他に、IR実施法では「カジノ管理委員会の設置」が定められました。カジノ管理委員会とは国が認めた、今後のカジノ運営を統括する組織になります。

今後の流れ

サイパンのカジノサイパンのカジノ

以下が、実際にIR設立が実現されるまでのステップになります。

IR推進法成立……IR(統合型リゾート)設立のための、大まかな方針の設定。最初のカジノ法案となる

IR推進本部の設置…今後、IR事業を進めていく国の組織。正式名称は「特定複合観光施設区域整備推進本部」

IR整備法(実施法)成立……カジノについてより具体的に決められた法案

ギャンブル等依存症対策基本法成立……ギャンブル依存症に特化した対策。パチンコが初めてギャンブルと認定

カジノ管理委員会発足……IR開業後の運営を統括する。対してIR推進本部は、IR開業前の法整備を主に統括

基本方針の策定……政府によるIR基本方針の策定。コロナの影響により具体的な時期はまだ確定していない

候補地の正式決定……政府によりIRを設置する地名が正式に発表される

IR事業者の選定……IRを開発する民間事業者が誰か選ばれる

IR開発・開業……地域の自治体と、選ばれたIR事業者が手を組みようやくIR開発がスタート

現在(2021年2月時点)は「⑤カジノ管理委員会発足」までが完了している状態となっています。

コロナ以前は2025年頃にオープンできるのではと言われていましたが、現在はいつIR事業を本格的に進めることができるのか、不透明な状態が続いています。

さいごに

いかがでしたか?

「カジノ法案」そして「IR(統合型リゾート)」について理解が深まっていただけたかなと思います。

今後は候補地が決められていきますが、どこになるのか楽しみですよね。現在は横浜か大阪が有力なのではないかと言われています♪

本記事ではメリット・デメリットの両方を紹介しました。それぞれがカジノ法案そしてギャンブルに対する正しい知識を持つことで、いずれオープンされるIRを楽しく利用できるのかなと思います!

Betrnkでライブカジノ体験

タイトルとURLをコピーしました