アメリカンフットボールの用語解説

アメリカンフットボールの用語解説アイキャッチ アメリカンフットボール
この記事は約21分で読めます。

ここまでBetrnkにおけるアメリカンフットボールの賭け方やそれぞれのルールなどをご説明してきました。
今回はアメリカンフットボールでよく使われている用語などを写真も交えて解説します。

アメリカンフットボールのルールや賭け方についてはこちら

メイウェザー監修オンラインカジノSPORTS BETが楽しめるBetrnk

試合に関しての用語

アイシールド
ヘルメットのフェイスマスクにつけるプラスチックのシートのこと
を指し、目を保護するためにつけます。

アメリカンフットボールのアイシールド

出典:second-effort.com


アイ・フォーメーション
2人のランニングバックが縦に並んでいる攻撃体型のこと
を指します。


あおてん
ヒットされて尻餅をついてしまうことを指します。


アサイメント
プレーにおいて各ポジションに割り当てられた役割のことを指します。


アジャスト
相手フォーメーションやプレーに適応させること。


アリーナ・フットボール
屋内で行う8人制のアメフトのこと
を指します。
アメリカにはプロリーグがあり、オービックシーガルズからも多くの選手が挑戦し、輝かしい実績を残しています。


イート・ザ・ボール
時間を消費するために、スナップを受けた攻撃側の選手が故意に膝をついてプレーを終わらせること。を指します。


Xリーグ
日本社会人リーグ
のことで、ウエストディビジョン、セントラルディビジョン、イーストディビジョンの3ディビジョンそれぞれが6チームずつ、計18チームで構成されています。

アメリカンフットボールのエックスリーグ

出典:ascii.jp


NFL
(National Football League:ナショナルフットボールリーグ)の略。
アメリカ合衆国で最上位と称されているプロアメリカンフットボールリーグです。


エンドゾーン
フィールドの両橋にある長さ10ヤードのエリアのことを指します。
ボールキャリアーがエンドゾーンに到達するか、エンドゾーン内でパスをキャッチするとタッチダウン(6点)となります。

アメリカンフットボールのエンドゾーン

出典:second-effort.com


エンドライン
エンドゾーンの終わりを示すラインのことを指します。


オフェンス
攻撃のことを指します。


オプションプレー
ランプレーの1種のこと
を指します。
クォーターバックが守備選手の動きを見て、自分で走るかランニングバックにボールを渡すか判断(オプション)するプレーです。


オンサイドキック
キックオフでは通常はリターン側がボールをキャッチして攻撃の権利を獲得できますが、キック側がボールを自らキャッチして攻撃権を得ようとする作戦のことを指します。
キックされたボールは10ヤードを超えるとフリーボールとなります。


オーディブル
クォーターバックが守備の体型などを見て、予定していたプレーを有利なプレーを判断すること。
この時の暗号はオーディブルコールと呼ばれています。


カットバック
ボールキャリアがフェイントを振って、急激に進路を変えること。


キャリアー
ボールを持って走っているプレーヤーのこと。

アメリカンフットボールのキャリアー


キャリー
ボールを持って走ること。


ギャンブル
攻撃側が第4ダウンでキックやパントをせずに攻撃をすること。
失敗するとその位置で攻守交替となり非常にリスクが高いプレーなので、ギャンブル(賭け)とも呼ばれています。


クォーター
4分の1という意味。
1クォーターと2クォーターが前半、3クォーターと4クォーターが後半のことをいいます。


QBサック
クォーターバックサックの略のことで、パスを投げる前のクォーターバックをタックルすることを指します。


クロスバー 
2本のゴールポストを連結し地面に平行しているポールのこと。
ゴールポストの間で且つクロスバーより上をボールが通過すればキック成功となり、得点が入ります。

アメリカンフットボールのクロスバー

出典:second-effort.com


ゲイン
攻撃側がプレーでボールを前進させることを指します。


甲子園ボウル
甲子園球場で行われる全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝戦のこと。
主催は日本アメリカンフットボール協会と毎日新聞社となっています。


コーディネーター
攻撃、守備、キッキングなどの戦略を考える責任者を指します。


ゴールライン
エンドゾーン後方に沿って引かれたラインのことボールキャリアーがゴールラインを超えるとタッチダウンとなります。


コンテイン
パスプレーのクォーターバックやリバースプレーのキャリアーが外側を走れないように守備の選手が突進すること。

アメリカンフットボールのコンテイン

出典:second-effort.com


コンプリート
パスなどを成功させること。


サイドライン
フィールドの両サイドに引かれたラインのことを指します。


シフト
攻撃側がスナップ前にフォーメーションを変更すること。


ショベルパス
下から投げるパスプレーのことを指します。
クォーターバックが数ヤード前方のランニングバックに向けて投げることが多いです。


ショットガン
クォーターバックがセンターから後ろに数ヤード離れてスナップを受ける攻撃体型のことをさします。


ショルダーパッド
肩や胸を守る防具。ポジションによって形や機能などが異なっています。

アメリカンフットボールのショルダーパッド

出典:wikipedia


シリーズ
ファーストダウンから得点もしくは攻守交替するまでの期間の総称のことを指します。


スーパー・ボウル
AFC(American Football Conference)とNFC(National Football Conference)それぞれの優勝チームが対戦する優勝決定戦のことを指します。


スカウティング
敵チームの試合戦略やプレー、選手などの情報を集めて分析することを指します。


スクランブル
パスを予定しているプレーでクォーターバックがパスを投げずに自らが走ること。


スタッツ
試合でのチームや選手の細かい記録や統計のことを指します。


スナップ
センターが後方に位置するクォーターバックやパンターなどにボールを出すこと。
スナップすることによってプレーが開始されます。


スニーク
クォーターバックがスナップを受けた瞬間に、前に走りこむプレーのことを指します。
短い距離を稼ぎたいときに使われることが多いです。


スポッター
試合会場で高い位置から敵チームのプレーや戦略を分析する人のことを指します。


3バックフォーメーション
ランニングバックが3人いる攻撃体型。


ゾーン・ディフェンス
各ディフェンス担当が決められた範囲(ゾーン)を分け合って守備をすることを指します。


タイム・オブ・ポゼッション
試合でのボール保有時間のことを指します。

アメリカンフットボールのタイム・オブ・ポゼッション


ダイブ
フルバックやハーフバックなど前方に位置するランニングバックがボールを持って走るプレーもしくはゴールライン直前でランニングバックがジャンプして飛び込むプレー。


タックル
手や腕を使ってボールキャリアーを地面に倒すこと。

アメリカンフットボールのタックル

出典:second-effort.com


2バックフォーメーション
ランニングバックが2人いる攻撃体型のことを指します。


ディフェンス
守備のことを指します。


ドロープレー
パスに見せかけたランプレーの総称のことを指します。


ドロップバック
スナップを受けたクォーターバックがパスを投げるために後ろに下がることを指します。


ノーハドル
攻撃側がハドルを組まないでプレーすることを指します。
クォーターバックが暗号を叫んでどんなプレーをするのかを選手に伝達します。


パシュート
守備選手がボールキャリアーを追いかけることを指します。


パスプレー
パスを投げるプレーのこと。前パスと後ろパスがあるが、通常は前パスのことを指します。
前パスは1回のプレーで1度しか出来ません。


パスプロテクション
クォーターバックがパスを投げられるように、攻撃の選手が守備のパスラッシュをブロックすることを指します。


パスラッシュ
パスプレーで守備選手がクォーターバックに向かって突進することを指します。


バックペダル
守備選手がパスを守るために後ろ向きに走ることを指します。


ハドル
プレーとプレーの間に選手が集まり作戦会議をすることを指します。
ハドルで相手チームの特徴や次のプレーに向けた対策やプレーなどが伝達されます。

アメリカンフットボールのハドル

出典:second-effort.com


ハンドオフ
ランプレーでクォーターバックがランニングバックにボールを手渡すことを指します。


ピッチ
オプションプレーのときにクォーターバックがランニングバックに投げる後ろパスのことを指します。


ヒット
選手同士がぶつかり合うことを指し、激しく強いヒットをハードヒットとも言います。

アメリカンフットボールのヒット


フェイスマスク
ヘルメットについている顔面を保護するための防具のことを指します。
フェイスガードともいい、いろいろな形のものがあり、ポジションによって異なります。


フォーメーション
攻撃や守備で使う体型のことを指します。


ブリッツ
ラインバッカーやディフェンスバックがスクリメージラインを超えて突進するプレーのことを指し、あらかじめどこから突進するか決められています。


ブロック
攻撃側の選手がキャリアーの走路をつくるため、またはパスを投げるクォーターバックを守るために体や腕を使って相手を妨害することを指します。


ボールキャリアー
ボールを持っているプレーヤーのことを指します。


マウスピース
脳しんとうなど選手への危険を防ぐために歯に挟む防具のことを指し、全てのプレイヤーの装着が義務付けられています。

アメリカンフットボールのマウスピース

出典:second-effort.com


マン・ツー・マン・ディフェンス
パスに対する守備のことを指します。
ゾーン・ディフェンスは決められた範囲を守りますが、マン・ツー・マンディフェンスは決められた人をマークして守りに徹します。


モーション
攻撃側の選手全員がセットして1秒以上静止した後で、スクリメージラインより後方にセットしたプレーヤーが横や縦に移動するプレーのことを指します。
プレー開始時にモーションできるのは1人のみとなっています。


モメンタム
試合での勢い流れを示す言葉のことを指します。
“ビッグプレーでモメンタムが変わる”というふうに使います。


ヤード
距離のことを指します。1ヤードは0.914メートル。

アメリカンフットボールのヤード


ヤードチェーン
第1ダウン獲得の位置を示す長さのことを指します。
“10ヤードのチェーン”というふうに使います。


ランプレー
手渡されたボールを持って走るプレーのことを指します。
ピッチなどの後ろパスもランプレーとして扱われます。


リバースプレー
キャリアーをある方向に走らせ守備選手を引きつけておいて、別の攻撃選手がその反対方向にボールを持って走るプレーのことを指します。


レッドゾーン
ゴールラインから20ヤードまでの、得点の可能性が高いエリアのことで、攻撃側では敵陣20ヤード、守備側では自陣20ヤードを指します。


ロス
攻撃側がボールを前進させられずに、ボールがスナップされた地点より後退してしまうことを指します。


ロングゲイン
攻撃側が1回のプレーで長い距離を前進することを指します。


ロングスナップ
パントやフィールドゴールで行う、距離のあるスナップのことを指します。


ロスター
チームに登録された選手のことを指します。


ローテーション
ひとつのポジションに同じ選手をずっと出させず、交代させる起用法のことを指します。


1バックフォーメーション
ランニングバックが1人の攻撃体型のことを指します。


王者メイウェザー公認!オンラインカジノBetrnk

ルールに関しての用語

アウト・オブ・バウンズ
サイドラインとエンドラインに囲まれたフィールドの外側のこと
を指します。
ライン上はアウト・オブ・バウンズ。


インターセプト
攻撃側が投げたパスを守備の選手がキャッチすることを指します。攻守交替になります。


オーバータイム(OT)
延長戦のことを指します。タイブレイクとも呼ばれています。


キックオフ
前後半開始や、得点が入った後に行われるフリーキックのことを指します。
自陣30ヤードから敵陣に向かってキックされます。

アメリカンフットボールのキックオフ

出典:wikipedia


キックオフ・リターン
キックオフでキックされたボールをキャッチした後に、走って陣地を挽回することを指します。


キル・ザ・クロック
時計を止めるためにクォーターバックがボールを地面にたたきつけることを指します。
パス失敗とみなされ、時計を止めるためのプレーとして認められているので、インテンショナルグラウンディング(反則)にはならない。


コイントス
試合開始前にコインの表裏を当てたチームが前半か後半のどちらにキックオフ、またはキックオフ・リターンをするか選択することを指します。


スクリメージライン
ボールを中心に両チームが向かいあったときに、ボールの先端から両サイドへゴールラインと平行に引かれた仮想の線のことで攻撃開始地点を指します。


セーフティ
攻撃中に自陣のエンドゾーン内でタックルされてプレーが終了することを指します。セーフティになると守備側に2点が与えられます。


セレモニー
試合開始前に両チームの代表選手と審判で行われるコイントスや挨拶のことを指します。


タイブレイク(TB)
延長戦のことを指し、オーバータイムとも呼びます。


タイムアウト
1分30秒間の作戦タイムのこと指し、両チーム、前半後半それぞれ3回ずつとることができます。


~ダウン
攻撃側は4回の攻撃回数を持つが、その1回1回のことを指します。
1回目の攻撃をファーストダウン(第1ダウン)、2回目の攻撃をセカンドダウン(第2ダウン)、3回目の攻撃をサードダウン(第3ダウン)、4回目の攻撃をフォースダウン(第4ダウン)と呼びます。


タッチダウン(TD)
ボールキャリアーがエンドゾーン内に入るか、エンドゾーン内でパスをキャッチすることを指します。この場合、得点は6点入ります。

アメリカンフットボールのタッチダウン

出典:wikipedia


タッチバック
キックオフやパントキックで、エンドゾーン内でレシーブチームがボールを確保してニーダウンする、またはボールが誰にも触れられずにゴールラインを超えてアウト・オブ・バウンズになることを指します。レシーブチームの自陣20ヤードからの攻撃となります。


ターンオーバー
インターセプトやファンブルリカバーによって相手にボールが奪われ、攻守交替することを指します。


2ポイント・コンバージョン
ポイント・アフター・タッチダウン(トライ・フォー・ポイント)では通常キックで1点を追加となりますが、プレーでタッチダウンの2点追加を狙うことを指します。


トライ・フォー・ポイント(TFP)
タッチダウンの後に1回与えられる攻撃権のことを指します。
キックだと1点、プレーでタッチダウンを取ると2点が追加されます。
ポイント・アフター・タッチダウンとも呼ばれています。


ニーダウン
ボールを持った選手が故意に膝をついてプレーを終わらせることを指します。
試合終了間際に、リードしているチームが時間を消費するためにすることが多いです。

アメリカンフットボールのニーダウン

出典:second-effort.com


ニュートラルゾーン
ボールが置かれたスクリメージライン上の空間のことを指します。
プレーが開始されるまでは攻撃側も守備側もこのニュートラルゾーンには入ってはいけない規則となっています。


ハーフ・タイム
前半と後半の間の時間のことを指します。


パスインコンプリート
パス不成功のことを指します。


パスコンプリート
パス成功のことを指します。


バックワードパス
後ろパスのことを指します。
1回の攻撃で何度でもできます。前パスと違い、落としたボールはフリーボールとなります。


パント
攻撃側のチームが第4ダウンで陣地を挽回するために行うキックのことで攻撃権の放棄を意味します。


ファーストダウン
4回の攻撃権のうちの1回目または4回以内の攻撃で10ヤード以上前進して新たに4回の攻撃権を得ることを指します。第1ダウンとも呼ばれています。


ファンブル
キャリアーがボールを落とすことを指します。落としたボールはフリーボールになります。

アメリカンフットボールのファンブル


ファンブルリカバー
ファンブルしたボールを確保することを指します。


ファンブルロスト
ファンブルしたボールを相手チームに確保されることを指します。


フィールドゴール(FG)
3点を狙うキックのことで、2本のゴールポストの間でクロスバーより上をボールが通ると成功。
キックが失敗すると攻守交替となります。


フェアキャッチ
リターナーがボールをキャッチした後に走れないと判断したときにするプレーのことを指します。
片手をあげて左右に大きく振る合図を出して、キャッチした後に走らない意思を示します。
フェアキャッチしたプレーヤーにはタックルしてはいけない規則となっています。


フォワードパス
前パスのことを指します。
1回のプレーで1度だけ前にパスを投げることができ、パスを投げるプレーヤーはスクリメージラインより後ろから投げなければなりません。


フリーボール
ボールの所有権がどちら側でもない状態のことを指します。
ボールを確保した側が攻撃権を得られます。


プレビアススポット
反則があった前のプレーが開始された地点のことを指します。


ポイント・アフター・タッチダウン(PAT)
タッチダウンの後に1回与えられる攻撃権のことで、キックが成功すると1点、プレーでタッチダウンを取ると2点が追加されます。
トライ・フォー・ポイン(TFP)とも呼ばれています。


ボールデッド
1つのプレーが終わることを指します。


メジャーメント
第1ダウン(10ヤード)を獲得できたかが微妙な場合にヤードチェーンを用いて測定することを指します。


リカバー
ファンブルなどで地面に転がったフリーボールを押さえ込んで確保することを指します。


リターン
キックオフやパントの時にレシーブ側がボールをキャッチした後に走って陣地を挽回することを指します。


リターンタッチダウン
キックオフやパントをレシーブした選手、またはインターセプトやファンブルリカバーした守備選手が走ってそのままタッチダウンすることを指します。


レディー・フォー・プレー
プレーを開始する準備ができたこと示す合図のことを指し、25秒以内にプレーを開始しなければならない規定があります。


ポジションに関しての用語

アップバック(UB)
2バックフォーメーションで前方に位置するランニングバックのことを指します。
短い距離のランプレーやブロックが得意な選手が入ることが多く、フルバックとも呼ばれています。


オフェンスライン(OL)
ブロック専門の攻撃側のポジションのことを指します。
中央からセンター、オフェンスガード、オフェンスタックルと並ぶ、5人のユニットで構成されています。
背番号は50番から79番までと決まっており、パスをキャッチしたり、ボールを持って走ったりすることはできません。


オフェンスガード(OG)
攻撃のポジションのことを指します。
センターの両サイドに位置するオフェンスラインで、機動力が非常に必要とされています。


オフェンスタックル(OT)
攻撃のポジションのことを指します。
オフェンスガードの外側に位置するオフェンスラインで、体重やパワーのある選手が多く担当しています。


キッカー(K)
キックオフやフィールドゴールでボールをキックするポジションのことを指します。

アメリカンフットボールのキッカー

出典:wikipedia


クォーターバック(QB)
攻撃の司令塔のことを指し、パスを投げる他、ランニングバックにボールを渡したり、自分で走るなど様々な役割を担っています


コーナーバック(CB)
両サイドに位置するディフェンスバックパスカバーのエキスパートのことを指します。


ストロングセーフティ(SS)
守備のポジションで後方に位置する2人のセーフティのうち、ストロングサイドを守るポジションのことを指します。
ラインバッカー(LB)の位置を守ることもある。ローバーとも呼ばれています。


スプリットエンド(SE)
攻撃のポジションで、ボールをキャッチするワイドレシーバーのことを指します。
オフェンスラインから離れたスクリメージライン上にセットします。


スペシャルチーム(SP)
キックオフ、フィールドゴール、パントなど、キッキングに出るメンバーの総称のことを指します。


スロットバック(SB)
スクリメージラインより後方に位置するバックやレシーバーで、比較的オフェンスラインの近くにセットするポジションのことを指します。


セーフティ(SF)
守備のポジションで後方に位置する2人のディフェンスバックのことを指します。
通常はフリーセーフティ(FS)のことを言います。


セカンダリー
守備でパスカバーをするポジション。主にディフェンスバックのことを指します。


センター(C)
攻撃のポジション。オフェンスラインの中心に位置します。
センターのスナップによってプレーが開始されます。


タイトエンド(TE)
オフェンスラインの隣でスクリメージライン上にセットする攻撃のポジションのことを指します。
パスを捕ることができます。


ディフェンスエンド(DE)
ディフェンスラインの外側に位置する守備のポジションのことを指します。


ディフェンスタックル(DT)
ディフェンスラインの内側に位置する守備のポジションのこを指します。


ディフェンスバック(DB)
守備のポジションで主にパスを守る役割を担っています。


ディフェンスライン(DL)
守備のポジションで、スクリメージライン近くにセットして、ランプレーの時はヒットしてランを止め、パスプレーのときはクォーターバックに向かって全力で突進します。


テールバック(TB)
攻撃のポジションで2バックフォーメーションで後方に位置する選手のことを指します。
基本的にボールを持って走ることが多いです。

アメリカンフットボールのテールバック


ニッケルバック(NB)
5人目のディフェンスバックのことを指します。
通常は4人のディフェンスバックで守ることが多いですが、パスを警戒するときに出場することが多いです。


ノーズガード(NG)
守備のポジション。内側に位置するディフェンスラインで、センターの正面にセットすることが多い。


ハーフバック(HB)
2バックフォーメーションで前方に位置するランニングバックのことを指します。
短い距離のランプレーやブロックが得意な選手が入ることが多いく、フルバックはセンターの後方に位置しますが、ハーフバックはオフェンスガードからオフェンスタックルの後方に位置します。


パンター(P)
パントキックを蹴るポジションのことを指します。


パントリターナー(PR)
パントキックをレシーブして陣地を挽回するために前進するポジションのことを指します。


フランカー(FL)
攻撃のポジション。ボールをキャッチするワイドレシーバーのことを指します。
スプリットエンドと違い、スクリメージラインから一歩下がってセットします。


フリーセーフティ(FS)
守備のポジション。後方に位置する2人のセーフティのうち、ウイークサイド、または最後列を守るポジションのことを指します。ディフェンスの最後の砦という重要な役割を担っています。


フルバック(FB)
2バックフォーメーションで前方に位置するランニングバックのことを指します。
短い距離のランプレーやブロックが得意な選手が入ることが多く、アップバックとも呼ばれています。


ホルダー(H)
フィールドゴールやポイント・アフター・タッチダウンでキックを蹴るためにボールを手で支えるポジションのことを指します。


ラインバッカー(LB)
守備の中心に位置するポジションのことを指し、ランとパスの両方を守ります。


ランニングバック(RB)
クォーターバックの後方にセットし、主にボールを持って走る攻撃のポジションのことを指します。
プレーによってはパスキャッチやブロックもこなす二刀流のポジションです。


リターナー
キックオフやパントでボールをキャッチして、陣地を挽回するために走るポジションのことを指します。


ローバー(R)
後方に位置する2人のディフェンスバックのうちストロングサイドを守るポジションのことを指し、ストロングセーフティとも呼ばれています。


ワイドレシーバー(WR)
攻撃のポジションで、パスをキャッチするスプリットエンドやフランカーの総称のことを指します。


反則に関しての用語

アン・スポーツマンライク・コンダクト
暴言、暴力などスポーツマンらしからぬ行為のことを指します。
パーソナルファウルで15ヤードの罰退となる。


イエロー・フラッグ
反則が起こったときに審判が投げる黄色い布のことを指します。

アメリカンフットボールのイエローフラッグ


イリーガル ~
「不正な~」という意味を指し、反則の用語として使われています。


インテンショナルグラウンディング
距離や時間のロスから逃れるために、レシーバーがいないところ故意にパスを投げ捨てることを指します。


オフサイド
ボールがスナップされた時点で、守備側の選手がスクリメージラインを超えてしまうことを指します。
この場合、5ヤードの罰退となります。


グラスピング・ザ・フェイスマスク
フェイスマスクを掴む反則のことを指します。
偶発的な場合は5ヤード、故意と判断された場合15ヤードの罰退となります。


ディレイ・オブ・ゲーム
ボールデッドから40秒以内、またはレディー・フォー・プレーの合図から25秒以内にプレーを始めない場合の反則のことを指します。


パーソナルファウル
不必要な言動や乱暴行為をした場合の反則のことを指します。
この場合、15ヤードの罰退となります。


パス・インターフェア
空中にあるボールを受けようとしているプレーヤーへの妨害行為のことを指します。


フォルス・スタート
ボールがスナップされる前にオフェンス側の選手が動いてしまうことを指します。
この場合、5ヤードの罰退となります。


ペナルティ
反則に対して課せられる罰則のことを指します。
反則によって5ヤード、10ヤード、15ヤードの罰退となります。


ホールディング
相手をつかむ反則のことを指します。
攻撃側はブロック時に相手を抱きかかえたりジャージや手足をつかんだりすることは禁止です。
守備側もパスコースに出ようとしている選手をつかんで妨害してはいけません。
この場合、10ヤードの罰退となります。


ラフィング・ザ・キッカー
キックした直後のキッカーに接触することを指します。
この場合、15ヤードの罰退となります。


ラフィング・ザ・パサー
明らかにパスを投げ終えた選手にヒットすることを指します。


Betrnkのスポーツベットで一攫千金!

タイトルとURLをコピーしました