大人気の「FPS」ってなに?特徴や人気作品をご紹介します!

e-Sports
この記事は約5分で読めます。

みなさん、ゲームはお好きですか?
昨今、大人気のゲームジャンルといえば「FPS」です。

今回は「FPSとは一体なに?」というところから、人気の作品まで詳しく解説していきたいと思います!

FPSとは

FPSとは正式名称First Person Shooter」の略称で、1人称で行われるシューティングゲームのことを指します。
1人称をもっとわかりやすく言うと本人の視点、ゲームにおけるキャラクターの視点で操作することです。

大人気ゲーム「Apex Legends」

主に1990年代から確率したジャンルですが、日本では「Call of Duty」や「BattleField」といった人気ゲームで一気に普及し、近年では「Apex Legends」を筆頭にライトユーザーにも大きな人気を誇るジャンルとなりました。

e-sportsにおいても人気ジャンルの1つとなっています。

FPSのおもしろさ

FPSでは、キャラクター視点ならではの没入感があります。
FPSジャンルでは「BattleField」や「Escape From Tarkov」といったリアル志向のゲームも多いため、まるで本当に戦場で戦っているかのような感覚を味わうことができます。

しかし、この手のゲームに慣れていないと画面酔いをおこす場合があります。
対策としてはゲーム内設定のFOVと呼ばれる視野角を広くする、ゲームの操作感度を遅くすることで改善する場合があります。

よく聞くTPSとはなにが違う?

TPSとは正式名称「Third Person Shooter」の略称であり、三人称視点で行われるシューティングゲームの事を指します。

3人称視点では、キャラクターの背後から俯瞰の視点となります。日本のゲームはこちらが主流のため、馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

全世界で大人気の「Fortnite」やニンテンドースイッチで遊べる「スプラトゥーン」、スマホで手軽に遊べる「荒野行動」「PUBG Mobile」など数々の人気作品があります。

fortnite

視点の違いを比較

では、実際の具体的な視点の見え方を比較してみます。

TPS

FPS

上記画像では、TPS視点ではキャラクターが壁の前に立っていても、広く見ることができるため前方のダミーを視認することができます。
しかし、実際にはキャラクターの視点では目の前の壁しか見えないので、FPS視点では前方に敵がいるという情報は少なくとも視覚から得ることはできません。

このように得られる情報が違ってくるため、FPSかTPSかでゲーム内の操作や戦略というのが変わります。どちらがいいという優劣はなく、それぞれのおもしろさがあります。

「FPS」と「fps」はなにが違う?

紛らわしいのですが、シューティングゲームにおける「FPS」とはまたちがう「fps」も存在します。
この小文字で表記でされる「fps」は「frames per second」とよばれるフレームレートの単位のことです。

フレームレートとは、動画の単位あたりに処理させるフレーム数のことで、通常それらを表すときに使うのが1秒あたりのフレーム数を示す「fps」という単位になります。
フレームレートを高くすることで、より滑らかにゲームをプレイすることが可能になります。

人気のFPS作品をご紹介!

Counter-Strike: Global Offensive

大人気FPS「CS:GO」

e-sportsでも人気タイトルとして知られる「Counter-Strike: Global Offensive」、通称CS:GO。
5人と5人の2チームに分かれて戦う大人気のFPS(一人称視点のシューティングゲーム)です。

攻めのテロリストと守りのカウンターテロリストに分かれ、15ラウンドで攻守交代します。そして、先に16ラウンドを先取したチームの勝利となります。知らない人が見てもわかりやすいシンプルなゲームというのも人気の理由の1つです。
シンプルな分、純粋な反射神経や立ち回りが求められ、競技性がとても高くなっています。

Apex Legends

Apex Legends

近年の国内FPSブームの火付け役ともいえるのが「Apex Legends」です。
3人1組でチームを組み、60人20チームの中から1位を目指して戦っていくバトルロワイヤルのFPSです。

ドロップシップと呼ばれる飛行船からマップの好きなエリアへ降下し、アイテムを漁ります。
キャラクターはそれぞれパッシブ、戦術アビリティ、アルティメットの3つ固有のスキルを所持しており、これらをうまく利用することで勝利することができます。

直感的でわかりやすいUIや素早いキャラクター操作による爽快感などから「リアル志向は苦手」という方でも楽しめる作品になっています。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

PUBG

大ヒットシューティングゲーム「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」、通称PUBG。
最大100人のプレイヤーが、フィールド内にある装備などを駆使して最後の1人になるまで戦い抜くバトルロワイヤルゲームです。

勝利時には「勝った! 勝った! 夕飯はドン勝だ!!」と表記されることから、PUBGでの勝利はドン勝と呼ばれています。

TPSがメインモードですが、FPSでも遊ぶことが可能です。
現在はスマホ版の「PUBG Mobile」や低スペックなPCでも遊ぶことができる「PUBG Lite」などもリリースしており、幅広い層にプレイしていただけるゲームとなっています。

FPSをプレイしよう!

外出自粛を求められる昨今、こういったゲームの人気は高まりを見せています。
FPSではある種の非日常感を味わうこともできますので、おすすめです。

ゲーム機やPCを持ってないという方でも、無料かつスマホで遊べるゲームもありますので是非遊んでみてはいかがでしょうか♪

 

e-sportsおすすめ記事はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました