日本馬大健闘!クイーンエリザベス2世レポ

スポーツを楽しむ

(画像引用:香港ジョッキークラブ公式YouTubeチャンネル動画内)

4月25日香港で行われた華々しく開催されたチャンピオンズデー、第47回クイーンズエリザベス2世カップ(G1)に人気の日本馬が4頭出走しました。

どの馬も捨てがたいところですが、初のコンビとなったラヴズオンリーユーとホー騎手、グローリーヴェイズとカリス・ティータン騎手に注目したいところ。
1番人気のデアリングタクトも外せません!

日本馬4頭と海外馬3頭、計7頭が参戦した今回の結果はいかに?
順位等振り返っていきましょう!

スポーツベットバナー

クイーンエリザベス2世カップ 結果

 

(動画引用:香港ジョッキークラブ公式YouTubeチャンネル)

日本開催日時:2021年4月25日(日) 17:35~
場所:香港シャティン競馬場
馬場:良
コース:芝2000m、右回り
賞金:1着1,425万香港ドル(日本円で約2億)
順位 ゲート 馬番 馬名 性別/年齢 タイムor着差
1 5 7 ラヴズオンリーユー 牝/5 2:01:22
2 7 1 グローリーヴェイズ 牝/6 3/4
3 1 6 デアリングタクト 牝/4 1 1/4
4 3 4 キセキ 牡/7 2 3/4
5 2 2 エグザルタント セ/7 3
6 6 3 グロリアスドラゴン セ/6 3 3/4
7 4 5 タイムワープ セ/8 5 1/2

1着に輝いたのはラヴズオンリーユー2019年以来の日本馬優勝となりました!
先月行われたドバイシークラシックでの悔しさを見事晴らしましたね。
そして順位を見てわかるように日本馬が大健闘して上位を独占!
出走馬中6頭がG1出場馬ということもあり、素晴らしいレースを魅せてくれました。

ラヴズオンリーユーの前回レース、ドバイSC詳細はこちら!

僅差で2着となったグローリーヴェイズは大外7番枠から徐々に詰め、終盤一気に追い込み、末脚が炸裂!思わずさすがと言ってしまう走りでした。
ラヴズオンリーユー&ホー騎手と共に、初コンビとなったカリス・ティータン騎手はレース前から感激のコメントを述べており、レース後には関係者への感謝の言葉も述べていました。

そして日本、香港共に人気1位となり注目を集めていた3冠馬デアリングタクト
初めての輸送で懸念されていた問題も特に無く、海外のG1へと初出場することができました。
ゴール直前に上位2頭に抜かれ残念ながら3着となりましたが、デアリングタクトらしい余裕ある走りを見せてくれました!

ラヴズオンリーユー、記念すべき海外G1初制覇

ラヴズオンリーユーレース写真

(画像引用:Wikipedia)

父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミーから誕生したラヴズオンリーユーは、2021年京都記念に続き今回の勝利を掴みました。

レース後のコメントで矢作芳人調教師も「さすがに声が出たな。(中略)スタッフと馬が頑張ってくれた、それに感謝しています。」と述べており、日本で勝利の瞬間をしっかりと見届けていたそうです。

ラヴズオンリーユーは昨年の不調を脱し、今年に入ってから上位を獲得し続けています。
ドバイSCでは3着だったものの、ほぼ完全復活と言っても過言ではないでしょう。
今後注目が集まる競走馬には間違いありません。

無事に日本に帰ってからのスケジュールが気になるところですが、とにかくまずはしっかり休んでほしいですね!長期の遠征お疲れ様でした!

そして早くもファンの期待を集めている次走予定に上がっている宝塚記念。(6月27日開催予定)
出走するとなると錚々たる顔ぶれが揃うのではないでしょうか。
少し先にはなりますが、現役最強馬が揃う戦いは是非とも見届けたいですね!

より競馬を楽しむならスポーツベット!

今回勝利を掴んだラヴズオンリーユーや他の競走馬の今後の活躍も楽しみですね。
皆さんの予想はいかがでしたか?
的中した方や競馬が愛する方にはスポーツベットをおすすめ!
Betrnkでは競馬はもちろん、その他の幅広いスポーツにもベットすることができます。

スポーツベットって何?という方はこちらの記事も見てみて下さい♪

下記バナーから簡単無料登録ページへアクセス!

スポーツベットバナー大

タイトルとURLをコピーしました