2021ドバイSCレポ!日本馬大健闘の結果は!?

2021ドバイCS スポーツを楽しむ
この記事は約4分で読めます。

(画像引用元:JRA-VAN)

現地27日に行われたメイダン競馬場で行われたドバイシーマクラシック(G1)に日本馬代表として人気のあの2頭が出馬!

2020有馬記念を制し絶好調のクロノジェネシスと、今年のワールドカップデーの注目馬ミシュリフの熱い勝負に注目が集まりました。
そして忘れてはいけない2021京都記念を制し復活を果たしたラヴズオンリーユーは、どこまで順位を押し上げたのか?
追いかける2番人気モーグルや格上の馬達に奮闘したウォルトンストリートの順位は?

さっそく気になる着順やレース詳細をチェックしていきましょう♪

スポーツバナー

2021ドバイシーマクラシック レース結果

レース開始

(画像引用:メイダン競馬場公式チャンネル)

 現地開催日時:2021年3月27日(土) 20:10~
※日本開催日時:2021年3月28日(日) 01:10~

馬場:良
場所:メイダン競馬場
コース:芝2410m、左回り
賞金総額:500万ドル(日本円で約5憶4千万)、1着290万ドル(約3憶1320万)
順位 ゲート 馬番 馬名 性別/年齢 タイムor着差
1 9 7 ミシュリフ 牡/4歳 2:26:65
2 7 9 クロノジェネシス 牝/5歳 クビ
3 8 10 ラヴズオンリーユー 牝/5歳 クビ
4 4 5 ウォルトンストリート セ/7歳 3馬身
5 6 2 ドバイフューチャー セ/5歳 1-1/2馬身
6 5 4 スターサファリ セ/5歳 1-1/4馬身
7 1 8 モーグル 牡/4歳 短アタマ
8 2 1 チャンネルメイカー セ/7歳 1-1/2馬身
9 3 3 シムシアー  セ/5歳 35馬身
取消 バークシャーロッコ 牡/4歳
メイダン競馬場公式チャンネルによるレース動画はこちら

ドバイシーマクラシックを制したのは僅差でミシュリフでした!おめでとうございます!
レース終盤、直線になりウォルトンストリートがクビ差で首位を走っていましたが、後ろから迫るクロノジェネシス・ラヴズオンリーユー・ミシュリフが差します!
3頭がほぼ同時に並んで走り、ゴール直前で今回の順位となりました。
クビ差で駆ける3頭のデッドヒートに熱くなるレースでしたね!

2014年にジェンティルドンナが優勝して以来、日本馬は3勝でストップしているのでまた来年に期待しましょう♪

そしてコロナ禍で大変な中、レースを開催して下さった関係者の方々や、遠征してくれた馬達に感謝です!

今回ミシュリフが注目された理由は?

ミシュリフ

(画像引用:JRA-VAN)

ミシュリフはアイルランドで誕生し、イギリスで調教された競走馬です。
今回のドバイSC前に行われたサウジカップ(2月20日開催)に出走し、最後の直線で並走していたシャーラタンに1馬身差をつけて優勝しました。

そしてこの優勝がきっかけとなり、ワールドサラブレッドランキングにて1位を獲得。
これらの栄誉を背負って今回のドバイSCに出馬したため注目を浴びるレースとなったのです。

今回のドバイSCでのG1優勝は、ジョッケクルブ賞以来になるためミシュリフファンは歓喜のレースだったのではないでしょうか。

好調が見られる今期は特に注目したい競走馬ですね!

競馬をもっと楽しむならBetrnkにアクセス!

少しづつですが競馬界も盛り上がりを取り戻しつつ、競馬場で再びレースを見られる日を今か今かとファンは待ちわびています。

もう少し時間はかかるかと思いますが、競馬を楽しむ新たな方法も取り入れてみませんか?

Betrnkではスポーツベットという方法で競馬を楽しむことができます♪
その他のスポーツも幅広く取り扱っているので、競馬好きな方もスポーツ全般が好きな方も下記バナーからチェックしてみて下さい!

スポーツベットバナー大

その他競馬関連記事はこちら!

タイトルとURLをコピーしました